第1回健康回復フォーラム「かがやき」開催!

【第一回健康回復フォーラム】

一般社団法人日本健康回復協会事務局です。

7月8日(日)東京都千代田区の一橋講堂にて一般社団法人日本健康回復協会主催の健康回復フォーラム「かがやき」を開催いたしました。

このイベントは厚生労働省の後援とパナソニック様の協賛をいただき開催されました。

第一部では元文部科学大臣、ロサンゼルスオリンピックレスリング代表、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟事務局長の馳浩衆議院議員をお招きし「オリンピック・パラリンピックに向けて行政と医療業界の担う役割」という演題で基調講演を行いました。

続くパネルディスカッションでは当協会理事長藤本斉のあいさつに始まり、リオパラリンピック視覚障害柔道銀メダリストの廣瀬誠氏、リオパラリンピックパワーリフティング5位入賞三浦浩氏、公益社団法人日本障がい者スポーツ協会障がい者スポーツトレーナー部会長門田正久氏、リオパラリンピック帯同トレーナー藤野好正氏の4名をお招きし「障がい者アスリートの現状と代替医療との接点東京パラリンピックに向けて代替医療ができる貢献とは?」という演題での講演をしていただきました。

まず馳議員のパワフルな言動、行動には驚かされ、「医療人として顔を合わせるだけで元気になるような人間を目指してください」という強烈なメッセージ。

実際の馳議員にお会いするとその意味がものすごく伝わってきてエネルギー溢れる雰囲気は現役時代をほうふつとさせるものを感じました。

次に実際のパラリンピアンの方からは障がい者スポーツを取り巻く環境であったり実情を、トレーナーとして関わるお二方からは障がい者アスリートへの関わり方をなかなか日常では経験できない貴重なお話を聞かせていただけました。

第二部では整骨院を経営する企業と学生や求職中の方を対象に面談を行うイベントを行いました。

参加いただいた企業様は

健康堂ホールディングス

あいメディカル

CMC

クラシオン

マーサメディカル

金田鍼灸整骨院

三方よし

(有)SAIYO

敬称略順不同

の8社です。

ブラックな業界と言われる中、社会保障を完備し雇用をされている企業様のみの出展募集でした。

協賛をいただいたパナソニック様は「コアトレ」という医療機を出展していただきました。

馳議員が体感している様子です。

イベント全体を通して今後のオリンピック・パラリンピックへ向けて、今後の業界の発展に可能性が期待できるイベントになったと感じています。

またこのようなイベントができるよう業界を盛り上げていく所存です。